合併症が心配な糖尿病

糖尿病で怖いのは合併症を併発する事です。
生活に著しい弊害を引き起こすばかりではなく、最悪のケースですと命の危険にも見舞われかねないので注意したいですね。
合併症は全身にくまなく発症しますが、そのうち糖尿病特有とされる合併症は3つあります。
三大合併症と言われています。
最も早期に発症するのは神経障害です。
両足裏のしびれから始まり、徐々に上部に拡大していきます。
放置しているとしびれはやがて知覚麻痺を引き起こしますので、まったく痛みを感じなくなります。

最初は小さな傷だったはずなのに傷口から細菌が入り込み、神経系統を破壊していきます。
気がついたときにはすでに遅し、両足切断という結果を招いてしまう事も少なくありません。
糖尿病で治療中の方は入浴などで、もし小さくても傷を見つけたら早期に治療を受けてください。
目に弊害を生じる事もあります。
網膜症と言われるのがそれです。
最悪失明に至る怖い症状ですが、自覚がないまま進行していきますので定期的に眼底検査を受けつつ、早期発見に努める事で悪化を食い止める事ができます。

自分自身でも最近見づらくなった・視野が狭くなったと感じるようになったら早めに専門病院で治療を受けてください。
失明に至らなくても網膜剥離もしくは眼が充血して赤いといった状況を引き起こす事もありますので、仮に自覚症状がなくても早急に診察を受けた方が無難です。
動脈硬化が要因にある場合もあるからです。
腎臓も多大な影響を受けます。

糖尿病性腎症と言われるもので最悪のパターンでは尿毒症となり、いずれ人工透析をしなければ生きていけない体になります。
他には脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞・皮膚病・下肢閉塞性動脈硬化といった症状を引き起こすケースもあります。
現在高脂血症や高血圧症もしくは腎臓病で治療を受けている人は症状の悪化につながりますので要注意です。
いずれにせよ、地域で実施されている定期検診を積極的に受ける事でも早期発見につながる事もありますので、地域で公開される情報をこまめにチェックする事をおすすめします。