インスリン不足は糖尿病の原因

人が生命を維持していくためにはブドウ糖が必要不可欠です。
ブドウ糖はお米や甘いお菓子・パン・ジャガイモといった炭水化物を多く含んだ食物が体内に取り込まれ、小腸で糖に変換されて後、血液中を通って全身に運搬されながらエネルギーとなって臓器を活性化させるのですが、特に脳が活発に機能するために絶対不可欠です。
もしも糖が不足してしまったら各臓器の働きが抑制されてしまうばかりか最悪意識不明の重体となり、命を失ってしまう事さえあります。
この状態を低血糖と呼ぶのですが、逆に増えすぎても体調を著しく崩してしまいますから、血糖値を標準値で維持していく事が大変重要です。
血糖値をバランスよくコントロールしてくれるのがインシュリンです。

体内の糖が増えて血糖値が上昇すると膵臓が即座にキャッチしてβ細胞経由でインスリンを生成・分泌します。
インスリンが糖に積極的に働きかけてエネルギー変換させるのです。
糖単独ではエネルギーに変わる事ができません。
何らかの要因でインスリン生成が妨げられるか糖が増えすぎてインスリン分泌を上回るような事態になると、膵臓が誤作動を引き起こして脂肪をエネルギー変換し始めます。
そのためにインスリン分泌がますます妨げられていく結果、体重の激減・激しいのどの乾き・余った糖の尿排出といった異常事態を体内で引き起こしていきます。
これが糖尿病の大まかなシステムです。

体内でインスリン代謝が抑制されてしまったとしても、何らかの方法で不足したインスリンをカバーしなければなりません。
糖尿病はインスリンの体内分泌をコントロールする事で改善できる病気とも言えるのですが、一度不具合を起こした膵臓を完全復活させるにはさらなる医学の進歩を待たなくてはなりません。
それまで待って治療を一切しないというわけにはいかないので、インシュリン治療を滞りなく実践継続していかなければなりません。
最善の方法は糖尿病にならない事ですから、生活習慣を見直してみる事や定期検診による早期発見早期治療を強くオススメします。