糖尿病の初期の状態ってどんな物?

糖尿病初期症状としてのどの渇きや異常な水分補給および尿量増加などの症状が起きてくると言われています。
実はこれらの事がはっきり認識できる時にはすでに糖尿病がかなりのところまで進行していると理解してください。
尿量が増えるのはたくさんの水分を補給しているという事もありますが、細胞内の液体が体外放出されているという事もあるのです。
高血糖状態が進行していると起きる症状です。
細胞そのものの浸透圧が崩れて“脱水症状”に陥っているわけですから、尿量は異常に増える上にいくら水分補給してものどの渇きが収まらないという事になります。

さらに乾燥肌や爪の乾燥からくる変形なども起きてきます。
この時体内で増えすぎたブドウ糖も一緒に排出されるので検診を受ければすぐにわかります。
インスリンの代謝異常が起きると、膵臓は不足したインスリンを補うために脂肪を代用してエネルギーに変えようとしますから、体重は急激に減っていきます。
体重が急に増える原因はわかっていませんが初期に繁茂に見られる症状です。
“やせの大食い“という言葉もあるように食べても急激な体重減少が起きるという事はけして健康な状態ではありませんので、早急に診断を受けましょう。

膵臓が誤作動を引き起こして脂肪を代用し始めるのと同時にケトン体という成分が生成されていきます。
ケトン体は血流に乗って全身に運搬されてゆき体を酸性化していくのと同時に全身で様々な健康トラブルを引き起こしていきます
糖尿病が全身にくまなく異常を引き起こすのはこのためです。

高脂血症や動脈硬化など血液系の病気もいずれ起きてきますから糖尿病そのものよりも二次的に起きてくる合併症の方が数倍恐ろしいのです。
酸性化すれば神経にも大きな負担がかかってきますので、長期続くと痛覚麻痺を引き起こす事も少なくありません。
小さな傷が起きてもまったく気づかないまま放置されますから、傷口から細菌が混入し感染症を引き起こす事も珍しくありません。
糖尿病と診断されたら入浴中は特に小さな傷を見逃さないようにしてください。