糖尿病は注射で対応がメイン

インスリンは体内で生成される成分であり、血糖値を調節するという大切な役目を持っています。
インスリンの生成が正常になされなくなった状態が糖尿病であり、レベルに応じて2種類に分ける事ができます。
比較的軽めであり、血糖値が標準値よりも上がってしまった時限定でインスリンを体外補充すればOKの状態はⅡ型と言われます。
血糖値を安定させる飲み薬を長期服用しても効果を認識できないか、体が栄養を十分に補給してくれない状態である場合もⅡ型になります。

ステロイド治療を受けている人で高血糖という二次障害が発症してしまう事もあります。
近年、年少児でも糖尿病を発症しているケースも増えていますが、カロリーに注意しながら基本的な食生活を維持していれば心配はいりません。
悪化するとⅠ型と呼ばれます。
インスリン生成・分泌が不十分もしくは全く機能しなくなった状態です。

ステロイド治療を注射によって1日に複数回体外補充しなければなりません。
肝機能および腎機能が重篤な状態になった場合でもインスリン機能不全状態になりますので、注射によって体外補充が必須になります。
妊婦で糖尿病の合併症が見られる場合や感染症や外傷などで外科手術を要する状態に陥った時にもインスリン治療が実施される事があります。
インスリン補充薬の種類はいくつもありますので、医師と相談の上で最適な方法を選択する事ができます。
超速効型・速効型・中間型・混合型・特効型溶解と現在はこれだけあります。

それぞれに働きや注入方法、持続時間もまちまちですから自分にはどの製剤が妥当なのかは生活スタイルや状態に併せての利用になります。
もっとも速く効果が現れるのは超速効型ですが、規則正しい食事習慣を厳守しないと低血糖になる危険もあるため、こまめな医師との情報交換が必須になります。
最も副作用が小さく持続時間も長いのは特効型溶解で、ほぼ普段と変わらない形での生活が可能です。
いずれの製剤を使うにせよ基本は食事となりますので、暴飲暴食をやめ指導された生活を維持するように努めましょう。